施工事例

静岡県沼津市 外壁塗装 屋根塗装 細部塗装 シーリング工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

築26年の施主様のお宅で、前回塗り替え工事をしたのが約15年ほど前とのことでした。

外壁は、チョーキングなどの塗膜の劣化が目立ち、経年による汚染が目立つ状況でした。

カラーシミュレーションでは、ホワイト系1色にした提案と、ベージュ系1色にした提案、左右で色を分ける提案と、3つの提案をさせていただいたのですが、

今回は最後の2色使うプランを採用いただきました。

当社は、画像のみを見せて色を決定していただくことはしておらず、実際にカラーを確認できるように、サンプルを貸し出して確認をしていただいております。

実際に施行に入るとまずは屋根部分から着手し、コケ・カビ・藻などを念入りに除去しました。

その後、バルコニー笠木の取合いシーリングを取外し、打ち替え、テープを張り、プライマー塗布後に新規のシーリング材を充填。

テープを剥がせば、シーリング打替え工事が完了です。

外壁塗装では、このような下地補修工事を合わせて行うことがとても重要です。

そして、塗装と同じくらい重要な作業である養生(養生の良し悪しは、仕上がりに多大な影響を及ぼします)、を経てようやく塗装工事へと入ります。

塗料はここ数年、大人気のスーパームキコートシリーズです。

なぜ人気があるかというと、その理由は、フッソを凌ぐ耐候性があり、値段もとてもリーズナブルである、ということです。

外壁は、ローラー工法による3回塗りで仕上げ、屋根塗装は、専用フィラーで下地調整を行い、その上にトップコートを塗装し、軒下はシーラーを下塗り後、弱溶剤カチオン型塗料を2回塗りしました。

住宅街の家並みにマッチした、品のあるデザインとなり、こちらとしても大変満足しています。

 

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る