現場レポート

静岡市にて、外壁塗装前の下地処理作業(外壁のクラック補修、ケレン作業)

2019.1.25

静岡市にて、外壁のクラック補修、ケレン作業を行いました。

 

 

この工程は外壁塗装工事における下地処理として非常に重要です。

 

下地処理とは、外壁塗装を行う前に行う作業であり、塗料を塗りだす前に元々の外壁の汚れを落とすというもので、この作業を丁寧に行うか行わないかで、塗料の密着具合やムラ、凸凹ができるかなどの外壁塗装の出来に影響を及ぼします。

 

洗浄を行い、そこで見つかるヒビ割れなどを補修します。

これはひとつひとつ手作業で補修していく必要があります。

なぜならヒビ割れは放っておくと、塗装後の凸凹の原因となります。

また、ひび割れの箇所は劣化も早いため、雨水が侵入し、家の寿命を縮めますので、とても重要な作業となります。

洗浄、ヒビ割れ補修の全てを終えた後に、塗料と外壁の密着性を高める下塗り作業を行うことで、下地処理は終了となります。

 

これらの下地作業を丁寧に行うか行わないかで塗装の出来は大きく変わってきますので丁寧に行います。

でしたので、次回が楽しみです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る