現場レポート

静岡市 外壁 屋根 外壁塗装 屋根塗装 見積り 補修 修理 修繕

2019.5.30

先日静岡市のK様邸にて高圧洗浄をしてコケや古い塗膜などをきれいにおとしまてきました。外壁の汚れをきれいに落としてもそれで塗装作業へうつれるというわけではありません。

外壁面をチェックしてクラック(ヒビ)が見つかれば、塗装をする前に下地補修が必要です。クラックをそのままにすると雨が徐々に内部に侵食し、外壁が腐食していきます。

そして、最終的には外壁がくずれて作り直し(左官工事)が必要となり、通常の塗装工事で済んだものが大規模なリフォーム工事が発生し、費用がかさんでしまいます。

下地補修の方法はクラックの程度にもよって異なりますが、どのようなクラックが危険かというと構造クラックというヒビです。細い髪の毛のようなヘアークラックとは違い、奥深くまでヒビ割れが進行しまっているケースです。この場合は、ただ下塗り材刷り込んでおくだけでは補修できないので、シーリング材など穴埋めをする必要があります。

このように丁寧に補修をしたのち、塗装の下地作業を開始できるのです。

今日は下地塗装までできましたし、日差しもありとても恵まれた天候となりました。

梅雨入り前のこの時期に点検や補修をしておく事はとても大切です。お早目にご連絡ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る