現場レポート

静岡市 外壁 屋根 外壁塗装 屋根塗装 見積り

2019.6.5

こんにちは。静岡市のK様邸にて屋根塗装の下処理をしました。本日は午後から雷雨になる可能性もあるとの事なので、午前中にケレン作業をしてひきあげてきました。ケレンとは、塗装前に外壁や屋根などに使われている「鉄部」と「木部」に施す作業です。例えば、鉄部はトタン屋根、木部は縁側やウッドデッキなどが代表的ですね。

ケレンをする目的は、塗装部分の表面を均一に滑らかにすることです。こうすることで、新しく塗り替えた塗装を剥がれにくくする効果があります。そのほか、ケレンには以下のように3つのメリットも存在します。

1つめは錆をよせつけにくくする事、2つ目は汚れを除去することにより塗膜の密着性を高める事、3つ目は毛羽立ちを除去する事で塗膜の密着性を高める事です。

トタン屋根のような鉄部にサビが発生している場合、仮にその状態で塗装を施すと、たとえ良質な塗料を使ったとしてもサビの浸食は防げません。それだけサビの威力は強いのです。その点、ディスクサンダーといった研磨工具を使用してサビを除去すれします。その上から塗装を施せば、見た目はもちろん、塗料の耐候性もUPします。

外壁や屋根はずっと外気や雨・風・紫外線などにさらされているため汚れがつきものです。塗装時に行われる高圧洗浄作業でほとんどの汚れが除去されますが、なかには汚れがひどく洗浄では除去しきれない場合もあります。その状態で塗装を施すと、せっかく塗り替えても剥がれやすくなってしまうのです。

塗装は、コーティング機能を持つ「塗膜」によって表面が覆われています。古い塗装の上から新たに塗装を施す場合、双方の塗膜が密着部分になりますが、古い塗装に大きな汚れの塊があると、その汚れを挟むようにして新旧の塗膜が重なるため、密着性は弱くなってしまいます。この場合、塗装前のケレンでひどい汚れを除去すれば、塗膜本来の強固な密着性が発揮されます。

同じように木部の場合にも研磨工具で毛羽立ちを除去してから塗装を施すと、塗膜同士の密着性が高まります。

塗装はひとつひとつの作業を丁寧に行う事がとても大事です。

信頼できる塗装業社と思っていただけるよう今後も努力してまいります!

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る