現場レポート

静岡市 外壁塗装 外壁修理 見積り

2019.6.26

こんにちは。昨日は地震がありましたが皆さんご無事でしたでしょうか?

静岡市のG様邸にて養生作業を行ってきましたが、外壁塗装などの足場を組むような工事中に地震がおきた場合に備えてお知らせさせてください。今回、熊本から山形県にたくさんのブルーシートが送られたとのニュースを耳にしました。なぜビニールシートかというと

災害時、もっとも目にするのはブルーシートです。

(ブルーシートの活躍の場はIKEAのショッピング袋だけではないのです。)

ブルーシートはたくさんホームセンターなどに出回っているので、もっとも多く使用されています。

サイズも大きく、種類もいくつかあります。価格もそんなに高くありません。

ブルーシートの端端に土のう袋などの重しを置いて設置します。

また、金属屋根のように屋根全面飛散する場合もあります。

この場合は、ブルーシートを屋根全面に養生するため、当て板などを使いくぎで固定することもあります。

瓦屋根の棟部など、幅1m以内で納まる養生の場合、壁用の防水シートも使用されています。

こちらも土のう袋の重しなどで固定する場合もあります。

定の仕方としては、養生テープなどで固定しているケースもあります。

壁用の防水シートは柔らかく、軽いのでテープなどで貼りやすい材料です。

しかし、紫外線に長期間あたる想定をしていない材料なので、長い期間の養生には向きません。

部分的な養生で、かつ、少し補修までに時間がかかりそうな場合は、屋根用の防水シートも使用されます。

防水シートの固定にはテープが使用されます。

上写真のように、防水シートとしてはアスファルトルーフィングが多く使用されますが、シートの柔軟性がないので、しっかりと養生テープで留め付けられています。

この他にも透湿ルーフィングもあります。こちらは壁用の防水シートと同じような材質で柔軟性があり、屋根用のため1年間ぐらいは紫外線に当たってもボロボロになることはないようです。

防水シート系は、ホームセンターでも販売していると思いますが、ブルーシートに比べて少し高価となります。

まず、瓦屋根の瓦が落下したり雨もりの原因となる部分が一部の場案はビニールシートを活用する事をおすすめします。ブルーシートを屋根全面に養生するため、当て板などを使いくぎで固定することもあります。通常はこれらの方法で雨もりは解決するのです。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る