現場レポート

静岡市内にてコーキングの打ち替え!

2019.7.3

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は静岡市内のお客様邸の外壁塗装工事並びに外装板目地シール打ちでした。
 
今回は外装板の目地シール打ちについて紹介していきます。
 
私たち塗装屋はペンキを塗る事がメインだと言われることが多いです。
 
それはそうなのですが、実は塗装以外にもコーキングと呼ばれる防水用材料を使い、防水工事も行なっています。
 
どちらも専門の業者さんがいらっしゃいますが、我々はどちらも兼務しています。
 
では作業の説明です。
 
まずは目地の両側にマスキングテープで養生をします。
 
その後、目地の中の汚れやホコリを綺麗に取り除き、下地材を塗っていきます。
 
この下地材がコーキングを打った後の強度な関係してくるので、無くてはならないものです。
 
目地とコーキングをしっかり密着させる事で防水効果、外装板のガタつきなども防いでくれる効果があります。
 
コーキングは仕上げる際にヘラを使いますが、このヘラ使いも上手くならないと綺麗には仕上がらないので技術が必要です。
 
そして打ちたてのコーキングは触ると落ちないので気をつけて壁に手をつかないと汚れてしまいます。
 
今日一日でコーキング打ちは終わりましたので、また明日からも残りの工事を行っていきます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る