現場レポート

静岡市にてコーキング打ち替え工事!

2019.7.16

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は静岡市内のお客様邸にて外壁塗装に伴って目地シール材の打ち替えのご依頼を頂きました。
 
そこで今回は目地シール材についてフォーカスしていこうと思います。
 
まず目地シール材の役割ですが、外壁の目地から雨水などの侵入を防ぐ為に使われる防水素材のことで、多くはコーキングと呼ばれる物を使用しています。
 
コーキングは大きく二種類に別れ、今回はコーキングが硬化した後に色を塗る事が可能なコーキングを使用します。
 
これは、変性シリコンコーキングと呼ばれる物で、普通のコーキングは硬化してしまうと塗料を塗る事が出来ないのですが変性シリコンコーキングになると色を塗る事が可能になります。
 
その為、外壁の色とコーキングの色を同じに揃えたいお客様などにはこのようコーキングを使用しています。
 
防水性はどちらも変わりないのですが、色を塗るか塗らないかという選択肢で選びます。
 
今回のお客様は、今は白のままで、後々色を変えたいと思うかもしれないので色を塗る事が出来るようにして欲しいというご要望だったので使用させていただきました。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る