富士宮市にて屋根塗装工事の下塗りを行いました

富士宮市にて屋根塗装工事の下塗りを行いました

2019.7.17

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は富士宮市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに屋根の洗浄作業が完了し、下塗り、上塗りを行い、仕上げていきたいと思います。
 
まずは下塗りを行います。
 
今回の塗装は水性塗料を使用しますので、水性塗料用のシーラーを塗っていきます。
 
屋根材がコロニアルの為、小さな隙間や溝にも塗り忘れがないようしっかりと塗ります。
 
シーラーが完全に乾いたのを確認し、中塗りを行います。
 
中塗りとは、上塗りと同じ塗料で一層目に塗る作業の事です。
 
屋根塗装は基本的に塗料は二回以上塗ります。
 
それは、一回仕上げだとどうしても耐久性が低く、屋根の寿命を短くしてしまうという点と、二回以上塗装する事で色の発色が良くなるという点がある為です。
 
特に水性塗料の場合はこの二点が大きく左右してきますので、必ず中塗りを行います。
 
中塗りが乾燥後に上塗りを行い完成です。
共通して言えることは必ず乾燥してから色を重ねていくという事です。
 
乾燥していないと下の塗料も一緒に混ざってしまい、色ムラ等ができます。
 
綺麗に仕上げる為には待ち時間も大切なのです。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

お客様の声

もっと見る