富士宮市にて雨どい塗装!

富士宮市にて雨どい塗装!

2019.7.18

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は富士宮市内のお客様邸にて屋根、外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までにメインの外壁塗装が完了し、今回は残工事として細かな部分の塗装を行っていきます。
 
小物の中でも雨どいについて今回はご紹介します。
 
雨どいは昔は銅製の物が多く使用されていました。
 
銅製雨どいは綺麗で高級感もあるのですが、劣化により青サビや独特の黒ずみが目立つようになります。
 
銅は色を塗る事が出来ない為、汚れてくると雨どいの取り替え工事を行わなければなりませんでした。
 
近年は家が洋風化してきており、雨どいに関しても、塩化ビニル製の物が多く使用されています。
 
塩化ビニル製の利点としては、施工製が良い、色を選べる、塗る事ができるという点です。
 
悪い点としては、銅製に比べると耐久性が低い、色は選べるが紫外線による色抜けが目立つといった点です。
 
外壁に比べると早い段階で劣化が目立ちます。
 
その為雨どいの塗装をご依頼を頂く事もあります。
 
今回は人気のブラックに塗装し直しました。
 
小物まで綺麗に仕上がると気持ちのいいものですね。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

お客様の声

もっと見る