静岡県裾野市 外壁塗装の付帯部塗装を行いました

静岡県裾野市 外壁塗装の付帯部塗装を行いました

2020.1.29

静岡県裾野市にて、外壁塗装の上塗り工事として付帯塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングの塗装を終えた後で行う作業になります。
 
付帯部分の中でも外壁よりも高い位置にある破風や鼻隠しは、塗装作業中も注意して作業する必要があります。
 
基本的に高い場所から順番に塗装を行っていきますが、設置場所の高い付帯部分では順番が変わってしまうことがよくあります。
 
高い場所での作業は、1滴の塗料でもかなり遠くまで飛散してしまうので慎重に作業することが求められますね。
 
サイディングの塗装を行う前に、付帯部分の塗装を段取りすることも可能です。
 
しかし塗料の準備や使った刷毛の掃除などを考えると、余計に時間がかかってしまうことになるので注意が必要です。
 
破風や鼻隠しに使う塗料は基本的に同じになるので、同じタイミングの作業で使用するほうが理想的ですね。
 
サイディングに飛んでしまった塗料は、最終的な仕上がりの前に手直しをします。
 
塗料の飛散が起きないことが理想的ですが、丁寧にすることで時間がかかってしまうので難しい問題ですね。
 
職人の技術によっても手直しの量は変わりますが、時間ばかりかけて作業が遅れてしまうのも困ります。
 
最終的な仕上がりと時間に対する効率も考えて作業することが重要になりますね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る