現場レポート

静岡市内にて防水工事!

2019.7.4

いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は静岡市内のお客様邸にて外壁、屋根塗装ならびに防水工事のご依頼を頂きました。
 
防水工事は既存のコーキングが劣化してきた事による打ち替え作業です。
 
コーキングとは、防水工事や目地詰めの為に使用するシール材のことです。
 
このコーキング、防水性がとても高いのですが、長年外的環境で雨水や太陽光を浴び続けていると、ひび割れてきてしまいます。
 
このひび割れから雨水が侵入し、建屋内に雨漏り、最悪の場合は基礎土台の腐食を引き起こします。
 
その為雨漏りが起きる前での打ち替えが必要になってきます。
 
既存のコーキングはカッター等で取り除くのですが、これが意外と力作業。
 
コーキングは施工時はドロドロとしているのですが、硬化してしまうと弾力が出てきて、外壁と目地にぴったりと密着します。
 
防水性は申し分ないのですが、剥ぎ取りになると腹が立つほど剥がれないのです。
 
目地の両側の縁を切りながら進めて行きます。
 
コーキングの取り残しが無いよう気をつけます。
 
剥ぎ取りが終わると、清掃、養生、プライマー塗布などを行い、新しいコーキングを打って行きます。
 
塗装だけではなく防水工事も行います!
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

お客様の声

もっと見る