現場レポート

静岡市にて足場立て作業!

2019.7.27

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は静岡市内のお客様邸にて屋根、外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
今回からまた新たな現場が始まるという事で、足場立て作業からスタートします。
 
足場を立てる上で大切な事は、必ず水平垂直に立てていくという事です。
 
そこでまずは足場が接する地面をしっかりと締め固めます。
 
これは、初めは水平垂直だった足場に工事期間中負荷がかかり続ける事で、接地する部分がどんどん沈んでいくのを防ぐ為です。
 
そうなると、水平垂直に立てた足場も倒壊してしまう恐れがあります。
 
地盤が弱い土地は特に注意が必要です。
 
そして足場を立てる際は、水平器と呼ばれる道具を必ず使用し、水平垂直を保ちながら作業を行います。
 
一番初めは不安定な中での作業が続きますので確認作業を怠らずに行います。
 
足場の立てが終わる頃から、順に転落防止用の防護ネットを張っていきます。
 
このネット、転落防止が本来の目的なのですが、洗浄時の汚れもキャッチしてくれるので一石二鳥の優れもの。
 
今回の作業で足場立てが完了しました。
 
次回からは洗浄作業に入りたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る