静岡県沼津市 外壁塗装 上塗り 軒天 工程

静岡県沼津市 外壁塗装 上塗り 軒天 工程

2020.4.20

静岡県沼津市にて外壁塗装の上塗り工事として、軒天の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整や養生工事に続いて行う作業になります。
 
軒天は建物の中でも唯一の天井面への塗装になります。
 
軒天の塗装を先行しておくことで、その後の作業がスムーズに進められるメリットがありますね。
 
天井面への塗装は、壁面への塗装に比べて塗料の飛散が多くなる傾向にあります。
 
通常の養生よりも広範囲に施工することが理想ですね。
 
塗装しない場所はもちろんですが、これから塗装するサイディングなどにも、できるだけ飛散を抑える工夫が必要です。
 
軒天の塗装を先に終えておくことで、サイディングの塗装や付帯部分の塗装も柔軟に始めることができますよ。
 
軒天の材料としては、一般的にケイカル板を使っている建物が多くあります。
 
ケイカル板の場合には、基本的に単色の塗りつぶし仕上げになってしまいます。
 
そのため最近の新築工事では、サイディングを軒天に使用するケースも増えていますね。
 
さまざまなデザインのサイディングから好きな柄を選択できることが人気の理由かもしれません。
 
しかし、サイディングの軒天を採用しても塗り替え時には塗装仕上げになってしまうので覚えておいてくださいね。
 
外壁塗装についてはこちら→外壁塗装について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る