施工事例

静岡県富士宮市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装

  • Before

  • After

担当からのコメント

当ホームページより、ご連絡いただきました、U様邸の施工事例をご紹介します。

まず初めに、こびりついた埃やコケを高圧洗浄で除去しました。

洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去 しました。

洗浄後、外壁をしっかりと乾燥させ、塗料の密着テストを行い、下塗り材を選択しました。

外壁との相性や、密着の悪い素材もあるため、こう言った作業が長持ちの秘訣でもあります。

次に、目地のコーキングの打ち替えを行いました。

劣化した目地のコーキング材を専用工具を使用し撤去しました。

専用工具を使用する事により、綺麗に剥がす事が出来ます。

コーキング材は雨水から家を守る要となりますので、こちらの作業も外壁塗装を行う前には欠かせないものとなってきます。

破断の原因ともなってしまう、コーキング材の3面接着を防ぐためのボンドブレーカーを貼りました。

こちらも非常に細かな作業ですが、密着不良によるコーキングと 外壁材との界面剥離を防ぐ重要な作業です。

コーキング打ち替え用プライマーが長持ちの秘訣になりますが、コーキング材の選び方が、とても重要で、塗装との相性を考慮する事が必須になります。

U様邸の外壁は窯業系サイディングで、目地の動きが大きい為、今回は硬化後の伸縮性が高いコーキング材を使用しました。

塗装後の黒ずみを防止するために、非汚染タイプを選ぶことも重要です。

釘頭や、クラック部にはコーキングではなくパテで隙間を補修しました。

細かい水分の侵入によるパネル劣化を防ぎ、年数経過による釘の浮きも防げます。

専用パテで補修する事により、経年後の部分白化を防ぎます。

一年でも長持ちできる様な、塗装工事に必要な下処理や下地補修は様々な工程が必須で、ここからやっと塗装工事に入ります。

まずは、先ほど密着テストに合格した下塗材でもある、浸透性強化シーラーで下塗りを行いました。

密着力を向上させるため、既定量を守り、ムラの無いよう塗布しました。

下塗り材がしっかりと乾燥したら、いよいよ上塗りに入ります。

上塗りは、1度目の中塗り、2度目の上塗りに分けて行いました。

使用した塗料は、オーデフレッシュシリーズの水性シリコン樹脂系上塗り塗料、オーデフレッシュSi100 Ⅲです。

各条件を厳守し、ムラの無いよう塗布しました。

屋根塗装はファインUVベストで行いました。

弾性クリーンマイルドウレタンで付帯部の塗装を終え、今回全施工が完了しました。

施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装
使用材料オーデフレッシュSi100 Ⅲ ファインUVベスト 
工事日数14日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る